イップスになる人の特徴はズバリ・・・!

こんにちは!
野球のイップス相談所ヤマグチです。

僕は現役を引退して
草野球をやり始めた時に
イップスになりました。

楽しいはずの野球が全然楽しくない。

ヘタクソの割に
プライドは高かったからでしょうか。
隠すのに必死でした。(苦笑)

今日はイップスの方の特徴を書いてみました。

イップスになる選手の特徴とは?

一言で言うと
「信頼できる選手」です。

それがゆえにイップスになる人が多いのです。

特徴

①目標が高い
②責任感が強い
③思いやりがある
④まじめ

まとめるとこんな感じでしょうか。

①「ここでエラーしたら試合に出れなくなる」
「もっと上のプレーヤーになりたい!」
など現状と自分とのギャップがあると
イップスに陥りやすいです。

僕の場合は
運動会のお父さんがリレーでこけるのと同じように
自分はもっとできると思っていたのに
体がついてこなかったことがイップスの1つの原因でした。

そこからフォームがバラバラになり
深みにはまりましたね・・・。

②「ミスしたらチームに迷惑がかかる」
1つのプレーに責任を持ちすぎる傾向が強い選手です。

野球はミスするスポーツ。
打撃でも10回中3回成功して御の字です。

ミスをカバーし合うのが野球のおもしろさだと僕は思っています。

人に申し訳なく思う暇があったら
僕に相談しに来てください(笑)

③投手で言うと
「当てちゃったらどうしよう」
野手なら
「自分が試合に出てうまくいかなかったら出ていない選手に悪い」

優しい選手です。
フェアプレーや仲間を想う精神はとても大切。
ただ、人のことにとやかく気を散らせてないで
目の前のプレーに集中しましょう。

④エラーしたらいちいち考えてしまう

何度も言いますが
野球はミスするスポーツ。
命をとられるわけではないです。

1人で考える暇があったら
僕に相談しに来てください(笑)

で、書いてて思った結論が

めちゃくちゃいい選手やん!!

ってことです。

そう!
イップスに悩む選手はいい選手が多いんです!

あなたもきっとそうです。

イップスを克服すれば
以前のあなたよりももっといいプレーができるはずです!

少し見方を変えればいいだけですから。

イップスを治そう!
じゃなく
【前の自分よりももっと良くなる方法】を
一緒に考えましょう!

また、関連記事を書きますね。

ではでは。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)