現役高校球児やプロ野球選手も陥る投球イップスってご存知ですか?

こんにちは!
野球のイップス相談所ヤマグチです。

イップスってご存知ですか?

イップスって聞いたことありますか?

ウィキペディアによると

イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

です。

野球でいうと
投げようと思った時にとんでもない暴投を投げてしまう
投球、送球、返球イップスがあります。

プロ野球選手にも起こるこのイップス、
なんで僕がこのことを書こうと思ったかというと
自分がイップスに悩まされたからです。

いや、今思えば自分で勝手に悩んだんですけどね(苦笑)

イップスになると野球するのが
超絶おもしろくなくなります。

僕が一番ひどい状態の時は
投げ方がわからなくなりました。

小学校4年から高校3年間まで
野球に多くの時間を費やしてきました。

キャッチボールなんて、
目をつむってでもできることでした。

キャッチボールを日常で例えるなら
朝起きてハミガキするレベルです。
ハミガキは目をつむりながらでもできるでしょう?

それがケガもしてないのに
ボールが投げられないなんて・・・
その時は地獄でした。

数年間野球から離れました。
そして、久しぶりにキャッチボールする機会があり
「さすがに治ってるやろ!」
と思って投げてみると
治ってなかったり・・・。

具体的にどうなるかというと
投げたボールが抜けて大暴投になったり
引っかけてとんでもないワンバウンドのボールになったりします。

言葉では伝えにくいので動画でどうぞ。

阪神の藤浪投手がデッドボールを当てるシーンです。

キャッチャーのサインは
だいたい外角ですがバッターの体に近いところに抜けてしまう。

この気持ちよくわかります。

これは典型的なイップスの傾向と言えるでしょう。

僕は今まで
イップス=メンタルが弱い
んだと思っていました。

でも、実は多くのプロ野球選手にも起こっていて
あのイチロー選手もプロに入ってからイップスだったことを告白しています。

イップスでは誰にでも起こり得るもの。

メンタルの弱さが原因ではないことが
独自に調べていくうちにわかってきました。

イップスの正体は
カンタンに言うと
過緊張とパフォーマンスのアンバランス。

これについてこれから記事を書いていこうと思います。

イップスで悩む人が減りますように。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)