姿勢が悪いと脳の働きが落ちるってご存知ですか?

こんにちは!
やまぐち接骨院・整体院のヤマグチです。

子どもの頃、姿勢をよくするように言われましたか?

最近、脳に興味があって珍しく本を読んだりしてます。

その本を読んでる自分の姿勢が悪くて
ハッとさせられるんですが(苦笑)

姿勢が悪いと実は脳にも悪影響があるようですよ。

子どもの頃、親や先生に姿勢をよくしましょう!
って言われませんでしたか?

僕は言われて育ったな〜。

姿勢と脳の関係はわかりやすくいうと

・水平に目線を保つ
   ↓
・カラダのコントロール、バランスが取れる
   ↓
・体が疲れにくい
   ↓
・集中力アップ

だから学校で姿勢をよくしなさい!
って言われるわけなんですね〜。

目線の高さが左と右で違うと
それを補正しないといけない。

この補正する時間が
身体を動かすタイミングがずれる原因になります。

ということは運動能力が落ちる
とうことになります。

良い姿勢でいるポイント

①目線が平行
②肩が左右平行
③骨盤の高さが左右平行
④膝のお皿が左右平行

姿勢が良いと
肩こりや腰痛になりにくく
運動能力も伸びやすい。

さらに脳の働きまでよくなります!

特に、空間認識能力が発達するみたいです。

空間認識能力っていうのは
モノを見て絵を書いたり
本を読んでイメージを膨らませる
バランスをとって不安定なところに立つ
etc・・・

イメージしたりカラダを動かすのに
大切な役割がある能力です。

この能力は一生鍛えることができるようなので
まずは良い姿勢を身に付けたいですね。

子どもと一緒にできる脳を鍛える遊び

「遊び」って脳を鍛えるのにめっちゃ良いみたいです。

特に絵を描く、スポーツでカラダを動かすと脳のパフォーマンスが上がります。

僕が野球が好きっていうのもありますが
中でもキャッチボールはすごく良いみたいです。

女の子の場合はドッヂボールでもいいかと思います。

・正確に投げる
・受け止める

動作が空間認知能が身につきます。

親子のコミュニケーションにももってこいですので
ぜひやってみてくださいね〜


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)