絶対にどうにかしたい正月太りがここにある!〇〇しながらカンタンリセット法

細目整体師ヤマグチです。

正月、食べすぎた、飲みすぎた、太りすぎた

そんな方のために今日は書きます。
(自分です)

準備物

ストロー1本
(できるだけ細いの)

これだけ!

使い方

くわえて呼吸する

これだけ!

呼吸の方法

①くわえたストローからゆっくり息を吸う

②鼻からゆっくり吐く

これだけ!

意識すること・やり方

息を吸うときも吐くときも

お腹が動いてるか

1セット目
口から吸ってお腹を膨らませる
吐くときにお腹を凹ませる

2セット目
口から吸ってお腹を凹ませる
吐くときにもお腹を凹ませる

これだけ!

難しかったら
まず口からゆっくり吸って
鼻から吐くだけでもOK

では、一緒にやってみましょう!

まずストローを用意します。

100均でもこんなのが売ってました。

まずは口にくわえます。

そのまま

ゆ〜〜〜っくり

息を吸って〜

お腹をふくらませていきます。

鼻から

ゆ〜〜〜っくり

吐きま〜す

もう一度やってみましょう!

次は

口から

ゆ〜〜〜っくり

息を吸って〜

お腹を凹ませていきます。

鼻から

ゆ〜〜〜っくり

吐きま〜す

これ楽勝やん!
というツワモノは
ストローの穴をテープで小さくすると
より効きますよ!

お腹を動かすと

お腹の筋肉を使うのはもちろん
腹圧(お腹の中の圧力)が上げることで
腰痛予防になったり
カラダが温まったり
代謝も上がったりします!

コレがいいのは
何かをしながらできるところ。

家事しながらとか
お風呂に入りながら
デスクワークしながらとかね。

ストローくわえて
呼吸するだけですから
時間を作る必要もなし!

やってみてあなたに損はないので
よかったら
1度やってみてね〜


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)