昔お腹が出てて腰痛持ちだった僕が腰痛にならなくなった理由。

こんにちは!
やまぐち接骨院のぐっさんです。

昔、僕は腰痛に悩まされていました。

そんな僕がなぜ腰痛にならなくなったのか?
を考えてみました。

よく考えると腰痛持ちの時は太っていました。

今、僕は普段そんなに多く食べません。
(たまにめっちゃ食べさせられる塾に行きますが。笑)

基本1日2食で過ごしてます。

その変わり2食は好きなもの食べてます。
食べるのは好きですからね。

この生活にしたのは開業する少し前から。
約3年ぐらい前からですかね。

その前は今より8kg重くてめっちゃ体がしんどかったです。

よく考えたら当時はめちゃくちゃ食べてました。
お酒も飲んでました。
なんなら〆のラーメンも奥様に内緒で食べてました。
食生活、悪かったと思います。

本当にライザップのビフォーの人みたいなお腹でした。

画像処理ヘタすぎですがこんなお腹でした。

この時は姿勢悪かったなー。
すぐ腰痛めてましたもん。

めちゃくちゃお腹いっぱいになるまでご飯食べたことありますか?

あ、知ってますか?
究極に食べ過ぎると胸を張れなくなるの。

あれは忘れもしない僕が高校球児の時。
合宿で先輩に特盛とんかつ定食を2人前食べさせられました。

さすがに胃袋の限界超えますよね?
で、座った状態から立ち上がろうとするとリバースしそうになるんですよ。
(食事中の方ごめんなさい。)
超猫背にしとかないと飛び出るーって感じです。

胃がパンパンの状態で背中を伸ばすと胃のスペースが狭くなるんでしょうね。

そんな経験から感じたことがあります。

胃が下がると姿勢が悪くなる

胃が下がる=胃の中にいつもモノがある状態。

内臓って体の中で膜みたいなのでつながってます。

いつも胃が下がってると膜が引っ張られっぱなし。

そうなると姿勢も悪くなっちゃうよという考えです。

見た感じ姿勢が悪くなくても
体の中では足元に引っ張られる力がかかっている。

だから肩がこったり、首が詰まったりするんですね。

胃の中のモノって完全に消化しきるまで約12時間って言われてます。

ってことは1日3食食べるとずっと胃が動いてることになります。

しんどそうですね。

だから僕は1日2食にしてみました。
そうすると体重も自然に減っていきました。

そこからあまり運動しなくても太らなくなりました。

腰がそるほど出てたお腹も今はちょっとマシになったので腰痛もなくなりました。

やっぱり知らず知らずに悪くなった姿勢が原因やったんです。

「お腹が減るまで食べないようにする。」

体の不調を感じやすい人は
まずはここから実践してみてもいいんじゃないかと思います。

食べ過ぎが姿勢を悪くするという意外な関係、
それが腰痛や不調を引き起こす。

人間の体っておもしろいですよね。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。
山口 貴史

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)