中日ドラゴンズ平田選手が登録抹消された理由のグローインペイン症候群ってなに?

ケガ

鼠径部(そけいぶ)が痛む症状です。

グロインペイン症候群、グローインペインシンドローム
と呼ぶ方もいますが言ってる事は同じです。

「groin=鼠径部」「pain=痛み」「syndrome=症候群」

 

痛みが出るのはこのあたりです。

痛みが出るのはこのあたりです。

 

何らかの原因により体幹や股関節周囲筋筋力低下、筋緊張のバランスが崩れたために起こる。

スポーツを頻繁に行っている者(特にサッカー選手)で鼡径部の疼痛を訴えてきた場合は、鼡径管の脆弱を疑っていなければ診断は困難。

2~3ヶ月程度のリハビリで競技復帰が可能な選手もいれば1年近く鼡径部痛を伴う選手もいる。

引用:医学百科事典より

 

はじめは
①股関節周辺の違和感を感じる
②痛みはあるが動かすことはできる
③ある動きをする時に痛い
④歩くのも痛い

って感じで発症、進行します。

 

中日の平田選手は
歩くのも困難だったようで
症状はけっこう進行してる気がします。

 

野球選手はサッカー選手に比べると
グローインペイン症候群になる人は少ないんです。

だから「ただの股関節炎」みたいな感じで
ほっておいて症状が進行することには
注意が必要ですね。

実は骨折よりも重く考えられているってご存知ですか?

骨折などは回復するおおよその期間が読めるんですが
グローインペイン症候群は

2~3ヶ月で復帰できる場合から
復帰までに1年以上かかる場合がある

えぇ~幅広すぎやろ!って感じですよね。

正直ボクも読めません。

なので骨折よりも重く考えられているんですね。

 

「なんか安静にしてたらマシになるんで
ちょっと我慢したらプレーできます!!」

はい、気持ちめっちゃわかります!

でも、これが

 

症状を悪化させる→痛みをかばって体の軸がずれる
→慢性化する→治りにくいものになる

負のスパイラルなんですね。

特効薬はないけど回復を早めることはできる

体の軸がずれたまま、痛みをかばった姿勢でのプレーが根本にあるんで
痛い部分だけにとらわれずに治療すれば
早期に復帰するお手伝いはできると思います。
(もちろんその選手によりますけどね)

 

安静ももちろん必要ですけど
筋力低下も再発の原因になりますからね。

 

そしてあせりも禁物ですよー!

 

あっ、ちなみにスポーツをやってなくても
4歳から12歳ぐらい(幼稚園から小学生の子)
が股関節が痛くてかばった歩き方をしている時は
違うことも考えないといけないので
まず、病院に行って診てもらってくださいね!

 


The following two tabs change content below.

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! お役に立てることを書いていければと思っています。

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)

コメント