ダイエットしても戻る…リバウンドが起きるメカニズムについて

 

リバウンドが起きるメカニズムについて

ダイエットの後にリバウンドがあるメカニズムとは、何なのでしょうか。食事の分量を急に少なくすると、リバウンドの可能性が高くなるといいます。しかしながら、なぜ極端な食事制限がリバウンドを引き起こすのかは、はっきり分かる人と言うのは少ないのではないでしょうか。リバウンドのメカニズムを把握することによって、ダイエット時のリバウンドが回避しやすくなるでしょう。一度は減った体重が、再び増えて時にはダイエット前より太ってしまう現象を、リバウンドといいます。リバウンドのメカニズムとは、ホメオスタシスという人の特徴と関わりがあります。ホメオスタシスという機能があることで、人の体は、急な環境の変化にも耐えることができます。ホメオスタシスがあるために、体温は1年じゅういつも変わらず同じ温かさを保っています。体重に関しても、ホメオスタシスは機能します。急に食事の量が減っても、ホメオスタシスが機能することで、体重が急に落ちないよう調整されます。ホメオスタシスのお陰で、遭難しても助かることがあります。急に食べ物が入ってこなくなると、ホメオスタシスの機能のスイッチが入り、体が緊急と判断して体重が急に減らないように調整するのです。新陳代謝が下がると、カロリーを体内に蓄積しようとする機能が作用します。ホメオスタシスが働いて、できるだけエネルギーを使わないような体になっている時に、ダイエット前の食事量にすると、使い切れないカロリーがたくさんできます。リバウンドするのは、そういった理由です。ダイエットを行う時には、何がきっかけでリバウンドが起きるかを理解した上て、リバウンドのメカニズムが機能しないような体重の減らし方と、減った体重の維持をすることです。

リバウンドしないダイエット方法

リバウンドのメカニズムがわかれば、ダイエットを行う時にリバウンドを回避しやすくなることでしょう。リバウンドは代謝の低下や、摂取したカロリーを脂肪として蓄積されようとする体のメカニズムによって起きます。代謝を上げることが、リバウンドの予防には効果を発揮すると言われています。余ったカロリーを体脂肪として蓄積しないようにすることです。リバウンドしやすいダイエット方法としては、食事の量をいきなり減らしたり、1品置き換えダイエットで摂取カロリーを減らす方法があります。ダイエットがうまくいくには、カロリーを減らすことばかりではありません。カロリー制限はほどほどにしましょう。食事の量を減らし過ぎると、健康維持にも支障が出ます。年齢や、性別、1日の活動量なども含めて、適切なカロリー摂取量を確認しましょう。代謝を上げるためには、運動不足を解消するための取り組みが必要です。リバウンドをしない程度の食事の量を維持しながら、ダイエットをしましょう。食べたいものを我慢しすぎると、ストレスが貯まってドカ食いしやすくなります。お腹が空きすぎてイライラが募ったり、不眠に陥ってしまうという方もいます。ダイエットのモチベーションが続くように、時々は好きなものを食べたり、甘いものを楽しんだりすることで、継続するための意欲がわいてきます。たくさん食べなくても脳が納得するように、噛む回数を増やしたり、ゆっくり時間をかけて食べるという方法があります。ダイエットをしてもリバウンドをしないようにするには、一口ごとに箸を置いて食べるくらいのペースで、時間をかけて食べるといいでしょう。

リバウンドをせずに体重維持する

リバウンドのメカニズムを知ることで、ダイエットにリバウンドが発生する理由がわかります。ダイエットは、目標体重に達したら、それで終了とするわけではありません。減らした体重を、ずっと維持することができなければ、ダイエット成功とはいえません。人の体は、体重が落ちた場合でも、元どおりになろうとするメカニズムを有しています。体温や、体重が、外部の要因によって大きく変動するようなことがあれば、健康状態の維持に支障があるためです。風邪をひきにくい、丈夫な体であるために、脂肪は一定量は必要です。何らかの理由でいきなり体重が少なくなったりすると、肌トラブルや、免疫力が下がるなどの問題があります。リバウンドが起きるのは、体を今までどおりの状態にすることによって、健康な体づくりに役立てたいからです。ダイエットをしてからもリバウンドが発生しないようにするためには、リバウンドのメカニズムを知り、食事対策を行うことです。せっせと体重を減らすことができたといっても、ダイエット前のカロリー摂取量に戻すと、体重は元の状態になってしまうでしょう。しかしながら、体重を維持したいだけですから、ダイエット中ほどの食事制限や運動は必要ありません。カロリーオーバーを避け、適度な運動をすることは、この先体重を減らしたままにしたい場合は続けなければなりません。仮に、運動量が少ない日が続いたり、食事が多すぎたりするならば、リバウンドしないようにと、運動や、節制をすることが求められるでしょう。無闇な高カロリー食はやめて、体にいい適度な量の食事を心がけることが、減らした体重を保つための条件になっているのです。リバウンドのメカニズムを理解した上で、カロリーオーバーの食事をしないように気をつけてください。


The following two tabs change content below.
山口 貴史

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 経営していた接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! 最近、動画編集もできるようになったのでYouTubeチャンネルを作るお手伝いもしています!

コメント