バント、犠牲フライの練習してますか?

野球

野球は1点でも多く取った方が勝ちのスポーツ。

「打線は水物」って言われるので
現役時代バッティング練習に費やす時間は割と長かったように感じる。

でも、犠牲フライの練習はほとんどした事がない。

バント練習はしたけど
ウエストされたスクイズの練習はほとんどしなかった。

「打って打って打ち勝つ」というチーム方針で
ここ一番の場面でもスクイズなどはしない、
という決め事があるならそれでもいいと思うけど
そうでないなら練習時間を増やす方がいいと僕は考えています。

ゴロを打てとは言われるけど
フライを打てと言われることは少ない。

フライを打つ練習も必要なんじゃないかな?
と思うのは僕だけでしょうか。

子どもの頃から野球をして遊んでいない子たちが
多くなっている。
そういう体の使い方ができない子が増えているので
練習の中でやる必要がある。

そう思います。


The following two tabs change content below.

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! お役に立てることを書いていければと思っています。

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)

コメント