この人にはどうすれば自分の言葉がより伝わるか考える

野球

この人にはどうやったら伝わるやろ?
この人にはどういう言葉を用いれば心に響くやろ?

そんなことを考えながら日々過ごしています。

人それぞれ、性格や考えも違うし
その日の調子で受け取り方が違うかもしれない。

その人のことをよく観ておかないと
より伝わる言葉にならない。

野球で言えばピッチャーにかける言葉と
キャッチャーにかける言葉は違う。

役割が違うからです。

言葉の引き出しを増やしておきたいと
思うんでいろんな本を読んでいますが
言葉ってむずかしいけどおもしろい。

こうやって日記を書いてるのも
伝える練習になっていればいいなと
思う今日このごろです。

しっかり伝えるには
日々流されて生きず
いろんなことを感じながら
生きたいな、そう思います。


The following two tabs change content below.

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! お役に立てることを書いていければと思っています。

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)

コメント