【腰痛予防】デスクワークの方が気をつけてほしいたった1つのこと

ケガ

「デスクワークとは
肩こり、腰痛との戦いですよ」

とは企業戦士ならぬ
腰痛戦士の言葉です。

(スンマセン、〇〇さんパクりました笑)

 

長年腰痛と戦ってきた
戦士の言葉には重みがありましたが
原因は本人さんの体重の重みでした。笑

 

お聞きしてると
無意識に腰を痛める動作をしてました。

これやってしまってる人多いやろうなぁと思うんで
デスクワークの方に見てもらえたらなと思います。

あ、デスクワークに限らず
子どもを抱っこしたり
靴を履かせたりする時にも
同じことが言えるんで
読んでいただけてたら嬉しいです。

腰に一番負担がかかる動きとは?

イスに座りながら引き出しの下のモノを取る。

デスクワークをされてる方は
よく見かける光景だと思います。

実はコレが
一番腰に負担をかけます!!

 

下の画像を見てもらえますでしょうか?

 

久々に専門学校時代の資料引っ張り出してきた〜笑

カラダの専門家向けの本からの抜粋なので
ちょっと難しく書いてますが

立ってるより
座ってる方が
腰に負担がかかる

という図です。

 

椎間板内圧
ってのは
腰にかかる負荷
と思ってもらったらOKです。

(図の数字が大きいほど腰にかかる負担

 

立って重いものを持つより
座りながら重いものを持つ方が
腰にくるんですね。

 

子育て中の方で言うと
寝転んでる子どもを抱っこする時
靴を履かせて立たせようとする時

などなど

同じような動きになることありますよね?

 

日常的にやってしまう動作ですし
本人さんは無意識にやってるんで

細目整体師
「どうして痛くなったんですか?」

と聞くと

患者Aさん
「いや、特に何もしてないんですけど・・・」

というやり取りになるんです。笑

 

忙しい日々の中で
あれもこれも意識するのは難しい。

せめて、これだけでもやてもらえれば
腰への負担は格段に減りますよー。

イスから降りて下のモノをとる

イスに座ってる時、
腰から下のモノをとる時には
面倒ですけど
イスから降りてみてください。

下に落としたペンを拾う時には
片膝をつけて拾ってみてください。

腰の負担がかなり減りますよ。

腰痛予防は

小さなことからコツコツと

ですw

重いものを持つ方へ

お腹に力を入れてから持ち上げる。

コレだけ。

子どもを抱っこしたり
酒屋さんが重いものを持ったり
する時には

深呼吸して
下っ腹をふくらませたまま

持ってみてくださいね。

 

あなたの腰の痛みが少しでもマシになりますように!


The following two tabs change content below.

山口 貴史

大阪市平野区出身の柔道整復師 学生時代はガッツリ野球にのめり込んでいました。 接骨院を閉めて出張専門として新たな道をスタート。 大阪市内を中心にどこへでも行きます! お役に立てることを書いていければと思っています。

最新記事 by 山口 貴史 (全て見る)

コメント