山口貴史プロフィール

こんにちは!
やまぐち接骨院院長の山口貴史(やまぐちたかふみ)です。

ボクのプロフィールです。
ご興味ない方はスルーしてくださいね(笑)

成長の過程

昭和59年(1984年)
大阪市平野区生まれです。生まれた瞬間「笑福亭鶴瓶に似てる…」
と親は思ったそうです。笑

昭和63年(1988年)
記憶はありませんが家の近くのスイミングスクールに通っていました。
プールは4年生までやっていて1級になりましたよ。よく続いたと思います。

平成6年(1993年)
小学4年生で友達に誘われて入ったソフトボールチームで
本格的にスポーツに目覚めました。当時阪神の亀山に憧れてました
懐かしいですよね。

平成7年(1994年)
ソフトボールから少年野球チームへ。
はじめは練習がイヤでよく休んでましたが
6年生になったら野球が楽しくて仕方なかったのを覚えています。

平成10年(1997年)
中学2年、野球の試合中ヘッドスライディングで指を骨折。
その数日後に足首を骨折し野球を辞めかけました。
(この頃からししゃもを頭ごと食べるようになった)
野球チーム:加美ウイングス→平野シニアへ移籍。

平成12年(1999年)
阪南大学高校硬式野球部に入部。
2年秋に大阪ベスト8、最後の夏は初戦負け。笑
副主将に任命していただいたのはありがたかったですね!
野球部での生活はボクの原点と言えます。
ちなみに高2の秋にも足を骨折してます(笑)

平成15年(2003年)
帝塚山大学入学。この頃にぼんやりとスポーツトレーナーに
なりたいと思っていました。
整骨院に受付助手としてアルバイトしていたんですが
覚悟を決めきれずに一般企業に就職。
この4年間のあいだに奥様と出会えてるんでよかったです。

平成19年(2007年)
某スポーツメーカーのゴルフの営業職に就職。
東京勤務だったんですが、実は東京がイヤでずっとホームシックというか
大阪シックでした。この頃に結婚。ホントに奥様には助けられて
頭が上がりません。
ただ、働き方はひどいもん…でしたねぇ。

平成22年(2010年)
自分はこのままでいいのか…と悶々とした生活に耐えられず退社。
好きなことをやりたい!と決心。
学生時代にアルバイトしていた整骨院の
院長先生にお願いして修業させていただくことに。
この時期に人生で一番勉強しました。
スポーツ選手を治療したいと考えプロ選手が集まる接骨院でも
修業させてもらい今があるので感謝の気持ちしかありません。

平成26年(2014年)
やまぐち接骨院を開業。

仕事も好きですが、その他の好きな事はコチラ

やっぱり家族が大切ですね!

やまぐち接骨院は完全予約制でやらせていただいてます。

子どもの行事等でお休みをいただくことも

あるかもしれませんが、それは子どもとの時間を大切にしたいからなんです。

一生に一度しかない人生ですからね!

母校の応援に行った時です!

母校の応援に行った時です!

野球観戦が大好きです!スポーツ見るのが好きなんですね。

阪神戦を見に行ってきました!

阪神戦を見に行ってきました!

時間が許せば、患者さんの応援に行ったりすることもあるんですよ!

やっぱり治療してると思い入れもあるので
人一倍応援したくなりますよ!

実は影ながらこっそり泣いてたりします。
(年なのかなぁ~涙腺がゆるくて苦笑)

楽しい場所、おいしいもの、ビールが好き

楽しい場所には人が集まると思うんですが
自分が楽しい場を経験して知らないと
その場所を作れないと思うんですよ。

facebookTwitterインスタグラムなどで
発信しているものは楽しい場所やオイシイお店でのことが多いので
よかったらのぞいてくださいね♪


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。