交通事故にあってしまってから病院や接骨院(整骨院)で治療を受けるまでの流れ

こんにちは!
東住吉区桑津のやまぐち接骨院
院長ヤマグチです。

ゴールデンウィークも事故が多かったですね。
大型連休になると車でおでかけする機会が多くなりますもんね。

実は、接骨院(整骨院)には交通事故の相談がけっこうきます。

よく聞かれることのひとつ
「もしも事故にあってしまったらどうすればいいの!?」
そんな時の対応を書いてみました。

交通事故にあったら119番通報し、まずケガ人の救護を!

交通事故にあい、もしケガ人がいれば、まず手当てを行ってください!

もちろん自分が動ける場合です。

ケガされた方に
意識がある場合→落ち着かせてあげて、応急処置などを行ってください。
(こんな時は声をかけてもらうだけでも安心できるものです)

意識がない場合→自分か周囲にいる人1人を指名して119番通報してもらってください。
(一人では大変です。周りの誰かに応援を求めてくださいね)

危険な場所の場合、
自分と相手の安全を確保します。

二次災害防止って案外忘れやすいことですが重要なことです。

その後、警察へ連絡し相手の確認を

110番通報し指示にしたがってもらえればOKかと思います。

余裕があれば事故の日時、場所、事故の内容などを
スマホのメモとかに残しておくとあとで便利です。

対応した警察の方の名前(担当者)も記録しておくといいと思います。

次に相手の方の確認です。

具体的には
氏名、住所、電話番号、相手の車、ナンバープレート、相手の保険会社
ですね。

相手の免許証、車検証は写メをとっておくといいです。

絶対やったらダメなのは
その場で示談とか口約束をしないことです。

モメる元ですので。

もし、近くに目撃者がいたらその方に連絡先を聞いておくといいですね。

保険会社へ連絡し病院で検査を受ける

自分が加入している保険会社に連絡をします。

証券がついた連絡先カードを財布にいれているとこんな時に便利です。

まずは、病院でレントゲン、MRI、CTなどの検査を受け
お医者さんの診断を受けてください。

お医者さんには一番痛いところだけでなく
少しでも痛いところや気になるところは全て伝えてください。

なぜかというと
後で「ここも痛い」と申し出ても交通事故との因果関係がないから
と保険会社がその箇所の施術を認めないケースがあるからです。

事故したはじめはどこも痛くなく
物損事故として処理された場合でも
何日かした後に痛みが出る場合もあります。

その場合は届け出た警察、保険会社へ連絡し
人身事故に切り替えてもらいましょう。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。