自転車、バイクでの交通事故時に多いケガ

むち打ち・交通事故での治療は
東住吉区桑津のやまぐち接骨院にご相談ください!

こんにちは!
院長のヤマグチです。

最近、自転車、バイク対車での交通事故が増えています。

自転車やバイクは車からの死角に入ると見づらくなるからです。

また、車とは違い直接身体にぶつかることから
衝撃が強く治癒に時間がかかることがあります。

今日は自転車やバイクでの交通事故のケガの特徴をみていきましょう。

その前に事故が起きたらまず

自分の体が動くかどうか確認

動ければ二次災害防止に
安全な場所に移動

警察、救急車を呼ぶ

相手の方の確認をする
 ↓
自分が加入している保険会社に連絡

病院で診断を受ける

慌てずこの手順で対処してくださいね。

ココ↓に詳しく書いてありますがカンタンに言うとこの流れです。

交通事故にあってしまってから病院や接骨院(整骨院)で治療を受けるまでの流れ

バイクや自転車で多いケガは?

バイクや自転車は生身の体が直接、
車体、地面と衝突するので
打撲が多いです。

実はこの打撲がけっこう厄介なんです。

スピードが出ていなくても
けっこうな衝撃が体に伝わります。

この衝撃が思わぬところに痛みを出すから厄介なんです。

僕自身も経験あるんですが
なかなか痛みが引かなかったり
内出血してる場所とは違う箇所が痛かったりします。

そして、この痛みは後から出てくることが多いです。

なので交通事故後は必ず病院で診察を受け
診断とは違う箇所に痛みが出た場合は
お医者さんに診断してもらうことが大切です。

特に頭を打った場合は注意して体調管理してくださいね。

ムチウチなど交通事故の治療
ご相談・ご予約はコチラが便利です!
友だち追加
友だち追加してご利用くださいね。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。