投球イップス改善のために脳のしくみを利用してみよう!

こんにちは!
野球のイップス相談所ヤマグチです。

イップスになった方はわかると思うんですが
頭の中にいるもう1人の自分が
「〇〇したらアカン!」

って思っていませんか?

思っていなかったらスイマセン。(苦笑)

僕の場合はそうでした。

「暴投ほったらアカン・・・」

ずっとそう思っていました。

投球イップスの入口は
ネガティブな思考からです。

特に否定語を使ってることが多いです。

脳は否定語が苦手

「暴投+投げてはいけない」

否定語になっていますよね。

例えば
今からお伝えすることをイメージしないでくださいね。

これから10秒間
パンダのことを考えないでくださいね。

絶対にパンダの事を考えてはいけませんよ。

いいですか?

・・・

って言われたら

パンダの姿がチラッと頭の中に
出てきませんでしたか?

そう、脳は否定語に弱いんです。

「暴投」を投げてはいけない


脳は暴投をイメージしてしまうんです。

ネガティブな言葉+してはいけない

↑のように
ネガティブな言葉に
やったらアカンをつけると
やってしまうんですね。

脳は否定語はうまく認識できません。

頭に浮かんだことを
そのまま身体に伝達します。

なので、暴投になるような身体の動き
(力が入ったり、身体が早く開いたり)

になるんです。

〇〇したる!というポジティブな言葉がけを
意識してみてください!

ピッチャーなら
「キャッチャーミット突き破ったる!」

野手なら
「ファーストの顔面にボールめり込ませたる!」

ぐらいの

イメージでやってみてください!

ポジティブな言葉がけを意識してみてくださいね。

ではでは。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。