なぜあなたは疲れやすいのか?

こんにちは!
絶賛花粉症のヤマグチです。

中森明菜、
いや、浜崎あゆみぐらいの鼻声です。

鼻がつまって呼吸しにくい。。。

自分のカラダを使った人体実験の結果、
パンを食べたり
麺類を食べたりすると
ひどくなってる気がします。

僕のカラダは小麦を取りすぎると
反応するようです。

えぇ、変態ですw

体が疲れやすい時は老廃物を外に出そう!

カラダに不必要なものを
溜め込むと不調になりますよね。

体が疲れやすいなぁ〜って感じる時は
だいたいいらんものを溜め込んでます。

カラダが冷えたり、疲れると
老廃物を外に出す作業が遅くなります。

なので、手伝ってあげると楽になります。

外に出す作業は
・便を出す
・汗をかく

便を出すのは簡単な人もいれば
難しい人もいる。

それに自分でコントロールして
なかなか出せないですよね(苦笑)

汗はどうでしょうか。

便よりはコントロールが効きそうですね。

でも時間がかかるし面倒。

と思ったあなたに朗報!(という名の売り込みです笑)

カラダの中の不要なものを
外に出す作業をお手伝いをさせていただきます!

(マラソンでいうと30キロ走った時ぐらいの汗がでますよ!)

琉球温熱ってなんぞや?
と思われた方はこちらをどうぞ。

カラダの冷えは万病の元

僕はカラダの不調の始まりは「カラダの冷え」だと思っています。

なぜかというと
人間は熱がないと生きていけないから。

死んだ人は冷たくなりますよね。
生き物は熱を生み出せなくなると死にます。

ではただ、温めればいいのか?
というとそうではなく
運動、入浴など
いわゆる体の芯から温まることが大切です。

って、良いのはわかってるけど
忙しい中お風呂にゆっくりつかったり
運動したり、なかなかできないですよね。

僕も毎日はできませんもん。

てっとり早くというと言い方が悪いかもしれないですが

てっとり早く汗がかけて
運動した時のように体が温まる方法を探してる時に出会ったのが
琉球温熱ちゅら芦屋で施術している長浜さん。

長浜さんのお父さんはお医者さん。
お医者さんでありながら薬だけに頼らず
自然治癒力を高める方法を研究されていたそうです。

自然の力で温まる温泉に行ったり
自分でお灸をしたり
当時のお医者さんの中では
1歩先をいく考えをされる先生だったんじゃないかなと
お話を聞いてて思いました。

そんなお父さんがある時、お灸で
ヤケドしてしまったエピソードを聞きました。

なんか人間らしい一面ですよね。

そんなお父さんからの影響で
「カラダを温めることが大切」
「リスクが少なくカラダを温める」
という意志を受け継ぎ

父が生きていたら
この療法を気にいるだろうな

という想いから
琉球温熱療法を勉強されたそうです。

そんな長浜さん
普段、話すと
ヌケてます(笑)
が、知識は豊富。

・自分の健康に対する考えが同じだったこと
・カラダを温める設備が素晴らしいこと
・2人のいいところを組み合わせれば喜んでくれる方がたくさんいること

だったので一緒にコラボさせていただくことになりました。

体の中の老廃物を流し
歪みを取って
質のいい血液を循環させて
カラダがスーッと楽になってもらえたらなと思っています!
(ついでに僕も元気になろうっと)

まだ予約枠があいてるので
もし、イベントに興味があったら
お声かけてくださいね〜

ではでは〜

▶︎電話予約はこちら

LINEからもご質問等、ご予約OKです!
友だち追加


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。