間食と夜食欲がハンパないから対処法を考えてみた

こんにちは!
やまぐち接骨院の細目整体師ヤマグチです!

ワタクシごとなんですが
どうしたものか、
最近間食と夜食欲がハンパないんです(笑)

どうでもいい話でスイマセン!

でも、最近こんな話になることが多いんです。

「体重落としたいんやけどどうすればいい?」

正直あんまり、栄養学的なのは得意じゃないんですけど
今回は自分も興味があったんで色々と考えてみました。

まず自分の1週間の食事を記録してみました。

自分の1週間の食事って覚えてますでしょうか?

僕は覚えてません。

なんなら無意識に色んなものを口に放り込んでる気がします。

そこで
1週間食べたものを記録してみました。

・・・

まぁひどい。。笑

夜ご飯は奥様が作ってくれるんで
栄養バランスが取れてますが

昼、間食、夜食がアホすぎて
ここには書けませぬ。。。

でも、気づいたことがありました。

書き出すと
お腹がへってるわけでもないのに
食べてるものが多いんです!!

そして炭水化物(糖質)が多い!!

無意識ってコワイですね〜・・・笑

僕は朝は食べないんで1日2食です。

だから調子にのって
昼夜は好きなもの好きなだけ食べてました。
でも、いつまでも若くないんでね、
ちょっと健康的に人体実験です。

間食と夜食は何がいいのか?

食べたものリストを書き出した結果、
糖質が多いことに気づきました。

それに反比例して
たんぱく質がめちゃくちゃ少なかった。

たんぱく質ってなんやろ?

そう思って
「たんぱく質 食べ物」でググってみると

・肉類

・魚介類

・卵類

・大豆製品

・乳製品

と出ました。

もうちょっと具体的に調べると
鳥の胸肉が一番多く出てきました。

ほほう!

鳥の胸肉、
野球をしてた学生時代
質より量の晩ごはんで母親がよく作ってくれてたメニューでした。

胸肉料理が出た時に
「なんてパサパサした食べ物なんや・・・」
というニガテ意識が植え付けられました。

なんとも贅沢なことを抜かしてたな自分、、、
と反省しました。

おかん、あの時はありがとうでした!

そんな今日は
夜食欲が湧き出てきたら
胸肉を食べようと思っていました。

スーパーで買ってきて
ラップで包みレンジでチン!

できたのがコチラ

わさびと塩をつけると

めっちゃウマイやん!!

夜食に認定です!!

(塩とワサビはダイエットになってるんやろか?)

間食したい時はどうしようか?

ついつい手が出てしまうんだなぁ間食。

僕はキャラメルを、
あの甘いキャラメルを
無意識に口に放り込むクセがあることに気づきました。

えぇ、モロに糖質です。

甘いものを控えてお腹を満たすもの
なんかこの世にあんのか?

グーグルせんせに聞いてみました。

あるやん!!

プロテインやん!!

最近、家ではコーヒーの代わりに
ココアを飲むんですけど

プロテインにもココア味あるやん!!

でも、僕のプロテインのイメージはこうです。

・プロテイン飲んだ後に筋トレせな太る
・「オェっ!」えづくような味

(15年前の僕の勝手なイメージです)

ネットで買うのも恐ろしいんで
帰りにDEPOに寄ってきました!

いっぱい種類があるんすね!

忙しそうな店員さんに
「プロテインのこと教えてもらえますか?」
と恐る恐る聞いたら心良くOKでした!

Q.どれがいいの?

A.目的によって違いますよ。

Q.体重を落としたくて間食代わりにしたいんですよ。

A.それなら、ソイプロテインがいいと思います。

Q.美味しいの?

A.おいしいですよ!
1回飲みきりのトライアルタイプがあるんで試してみてください!

ありがとうっ!!

僕はなるべく人から物を買いたいなと思った。

温かい接客で
気持ちよく
迷いなく購入できた。

129円やけどw

今、プロテインで一息つきながらブログを書いてます。

ちょっと味見してみたら

粉っぽさはあるものの

フツーにココアです。

やっぱりクライアント様にお伝えするにはまずは自分が体感しやんとね!

まとめ

・間食はソイ(大豆)プロテインココア味
・夜食は鳥の胸肉

体重落ちるかな?

ちょっとの間試してみます!!


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。