肩が痛くて服が着れない・脱げない・腕が上がらない方へ 四十肩、五十肩の時の着替え方

こんにちは!
やまぐち接骨院の細目整体師ヤマグチです。

肩が痛くて上着を着るのも脱ぐのも大変なんです!

四十肩であっても
野球肩であっても
腱板損傷であっても

肩を痛めてる方にとって
上着を着るのには一苦労。
脱ぐのも大変。

その度に痛みがあってツライ。
そんな方も多いと思います。

上着を着る時にはこうすると
少し楽に着れると思いますのでやってみてください!

痛みがある方から腕を通す!

右肩が痛いなら
右腕から着てみてください。

右肩を動かすのが最小限で済むかと思います。

右肩が痛い場合:まずは右手から袖を通します。

痛くない方の手で肩までたぐり寄せて

痛くない方の袖を通せばOK

脱ぐときは痛くない方から!

右肩が痛いなら
左から脱いでみてください。

痛い方の肩の動きは最小限で済みます。

なるべく痛い方の肩を動かさないようにして反対側の袖を引っ張る

痛くない方の手を引っこ抜いて

痛い方の袖を引っ張る

服を脱いだり着たりするのも同じですよー。

小さなことかもしれませんが
実はこのような日常動作で
痛めてることって結構あるんですよ。

痛みは少ないにこしたことありませんよね。

肩に痛みがある方は
「冬に着替えるのがおっくうやねん」
ってよく聞きます。

痛みで引きこもるなんてもったいない!

オシャレして外に出て
気分転換してもらいたいです。

ちょっとしたことですが
意識してやってみてくださいね〜!

早く痛みが取れますよに。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。