夏は暑いから体を冷やす方がいい?いやいや温めてこもった熱を追い出す方がいい!

こんにちは!

やまぐち接骨院の細目整体師ぐっさんです。

昨日は月に一度の芦屋出張デー。

琉球温熱療法、ちゅら芦屋さんとコラボして

温熱療法×整体を受けてもらえるイベントです。

僕は整体担当。

実はこれで3回目の開催です。

(告知が少なくてゴメンナサイ、、、次回は9/13(水)開催です)

なんで夏のクソ暑い時期に温めるの?

夏はエアコンが部屋、冷たい食べ物、飲み物、ビール、アイスetc・・・

冷える要素がいっぱいあります!

外が暑いからって

冷たいものばっかり摂ってると

体の中は冷えます。

冷えると汗を出す毛穴が閉まります。

でも、外からは熱を吸収するんで

逃げ場を失った熱は体、特に上半身にこもります。

こうなると体は疲労感が抜けなくなったり

のぼせたり、熱中症になりやすかったりするんですね。

じゃ、こもった熱はどう対処すればいいの?

ってことになりますよね?

その対処は

温かいものを食べたり、飲んだり

直接体を温めることです!

上の写真のようにあったかいベッドに寝てもらって

温灸器で熱を直接入れていきます。

このアイロンみたいなのが温熱器ね

これで普段汗が出にくい方もドバッと出ます!

(背骨をあっためてもらうと気持ちいいんだコレが!!)

特に足ってあんまり汗をかく感覚ってないと思うんですけど

ドームに入るとしっかり汗をかけます。

(ドームは顔を出せるんでサウナみたいに苦しくないから楽に汗かけます)

体の中から温めてこもった熱を追い出してあげることが大切ですね!

あっためたらこんなにカラダ緩むんや!

って発見もありましたよー!

次回は9/13(水)

これから涼しくなってくる頃に

疲れが出てくるんで

僕もしっかりケアしたいと思います!


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。