今の仕事をしてるのはなんでやろ?

こんにちは!
やまぐち接骨院のぐっさんこと山口貴史です。

PM2.5か花粉が飛びはじめているのか
目があけられない今日この頃です。

あっ、目があいてないのはいつものことでしたね。

今のお仕事を志すきっかけ

もう亡くなっちゃいましたけど
ボクのおばぁちゃん寝たきりでした。

おばぁちゃんがまだ生きてるころ
足が痛くてって言ってるおばぁちゃんに対して
無知なボクは
「痛かったら寝てたらええやん」
そう言ってしまったことを覚えています。

それからホントに動けなくなり
理学療法士の方に家に来てもらって
リハビリをしてもらってましたが
時すでに遅し。

筋力も弱り動けなくなってしまいました。

あの時ボクが
「運動した方がええよ」

そう言ったらどうなってたやろ?

そんなことを考えたこともありました。

これがきっかけのひとつ。
(もちろんこれだけじゃないですけね)

ボクはいろんな遠回りをして
今のお仕事をしようと決めました。

柔道整復師になるための学生時代は
人生で一番勉強したなぁ。

それは
おばぁちゃんの時のように
何気ない一言でその人の人生を変えたくないから。

自分の身内に相談された時に助けてあげられるように。

そんな想いで死ぬ気で勉強しました。

今ももちろん勉強中ですけど
ボクはいつも身内だったらどう対処するか?

そう考えてお仕事しています。

ってなんか今日マジメやな。

まぁたまにはこんなブログもええかな。

にんげんやもの。てへぺろ。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。