大阪対決!センバツ高校野球の決勝が大阪桐蔭と履正社とかめっちゃおもしろそうですやん!!

こんにちは!
細目整体師こと、ただの野球好きのおっさんです。

って言ってたらホンマにそうなりましたね!!

同じ都道府県の学校が決勝で当たるのは45年ぶりなんですって!

夏の甲子園は各都道府県から1校出場します。

でも、春のセンバツは各地区(例:近畿、関東、東北)から選ばれるんです。

だから今回のように大阪から2校選ばれることもあります。

甲子園で同じ都道府県で決勝戦を戦えるのは春のセンバツしかありえないんですねー。

それが大阪対決なんてちょっとおもろいですよね。

前は東京の高校同士が決勝で当たったことがあるらしい。

実に45年ぶりのことみたいです。

今年のセンバツは珍しいことが起きる大会。

1日に延長引き分け再試合が2試合あったりとかね。

決勝引き分け再試合なんてのもあり得るかもしれないですね!

大阪桐蔭VS履正社の過去の対戦成績

過去の大阪大会での結果では

17勝6敗

大阪桐蔭が勝ち越してるようです。

でも、昨年の秋は7−4で履正社が勝ってます。

今回はどうでしょうねー!?

うーん、おっさんが思うには1人で投げている履正社のエースがどこまで踏ん張れるかがカギですかね。

ちょっと疲労があるような感じがしますしね。

大阪桐蔭はエース以外にピッチャーを温存してるし、このセンバツでも数人投げて経験している。そのあたりがどう影響してくるか、ですね。

以外に大味な試合になるような気がしてます。

桐蔭はラッキーボーイ的存在の2年生山田選手の打撃に注目。
今日の準決勝でも2打点の活躍。
彼のバッティングがゲームの明暗を左右すると思います。

履正社は3番安田選手、4番若林選手の前にいかにランナーをためられるかがポイントでしょう。

今日もセーフティースクイズを決めた履正社。
得意の小技を生かせるか、といったところでしょうか。

よく言われるようにミスした方が負けな気がします。
守備だけじゃなくて送りバントや走塁のミスが命とりです。

大阪桐蔭、履正社どちらも実力で勝ち上がってきたチーム。

明日の決勝戦が楽しみですね!!

あぁーーーーー見に行きたい!!

(心の声が・・・)

でも、お仕事なのでLIVE中継で楽しみたいと思います!!!


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。