産後のママは母乳をあげていれば自然に体重は落ちていく?

答えはノーです!!

こんにちは!
大阪市東住吉区桑津のやまぐち接骨院
いんちょーのぐっさんです。

今日は産後のママからの質問にお答えします。

産後に必要なのは?

妊娠期間、出産時にゆがんだカラダを立て直すこと。
そしてよい姿勢を思い出す(身につけること)ことです。

妊娠中から出産時には女性のカラダはとっても変化します。
だから産後は以前と比べて体型が変わったと感じやすいんです。

「やばいわぁ~ホンマに妊娠前に戻るんかな?」
そう思われる方は多いんじゃないでしょうか。

でも大丈夫!

骨盤のゆがみを戻せば体型は元に戻りやすくなり
むくみなどもとれてきます。

産後にダイエットしろって言われても
なかなかできないですもんね。

あっ、でも暴飲暴食はダメですよ。

当院の産後メンテナンスでやってもらうこと

①姿勢のクセを見直す
②ゆがんだ骨盤を元に戻す
③妊娠中に衰えた筋肉を元に戻す

それ以上は逆に負担になってしまいます。
無理なダイエットしてカラダ壊したら何にもなりませんしね。

赤ちゃんと一緒に楽しく過ごすには
元気なカラダでいることが一番大切です!

帝王切開の場合はどうなるの?

帝王切開でも骨盤は広がります。
出産されるまではお腹の中にいるわけですからね。

あと出産の準備のために
ホルモンの作用で骨盤が開くんです。
だから帝王切開でも産後の骨盤はケアされたほうが
いいですよということです。

やまぐち接骨院には
幼稚園教諭、保育士の資格を持つ受付スタッフ(ボクの奥さん)がいるので
お子さんとご一緒に来院されても安心です。
完全予約ですので泣いても全然大丈夫ですよ。

でも受付スタッフさん予約がないと
すぐ帰っちゃうんで
ご予約はなるべくお早めにお願いします(笑)


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。