PL学園野球部は絶望を希望に変えられるか!?

こんにちは!
やまぐち接骨院のぐっさんです!

今日も高校野球のお話を。

めっちゃいい試合やったみたいなんで見に行きたかったー!

PL学園最後の夏

野球ファンなら誰でも知ってるであろうPL学園。

校歌を歌える人も少なくないんじゃないでしょうか。

僕も歌えます(笑)

ボクが中学生ぐらいの時のPLはめっちゃ強かったんですよ。
特に松坂世代の学年。
甲子園で横浜高校と延長17回を戦って伝説になった試合を鳥肌立ちながら見ていたのを覚えてます。

そんなPLが部員12名となり
けが人などもいて実質試合に出れるのが9人だとか。

なんか悲しいですよね野球ファンとしては。

そして今日最後の夏の初戦。

でもPLは土壇場に強いです。

いつも期待を上回り周囲の期待を裏切らない。

しかしながら東大阪大柏原にシーソーゲームの末に1点差で敗退したようです。

スクリーンショット 2016-07-15 17.38.31

途中PLの選手の逆転ホームランが出たりで大盛り上がりやったみたいですけど
最終的には逆転のPLならず・・・やったんですね。

お前なんかと何度も言われたけど立ち上がってみようと思ったことが今に活きてる

ボクが高校入学当時、全部員が130人ぐらいいました。

同学年は38人。

正直後輩の名前なんてほとんど覚えていません(笑)

レギュラー争いどころか名前を覚えてもらえるために必死でしたよ。

それだけ人数がいれば自分よりうまい選手はいっぱいいたし
代わりなんていっぱいいました。

練習してもすぐには上手くならない。

自分はアカンなぁと落ち込んだこと・・・あったかな?笑

そこは持ち前のポジティブさで乗り切ってたと思いますが
よく「お前はいらんから走っとけ」って監督に言われたなぁー笑

それでも立ちあがってやり続けた。

今回のPL学園野球部もまさに立ちあがってやってきた選手たちだと思うんです。

高校野球を見るたびに自分の学生時代を思い出しますよね。

それが今に活きてる。感謝ですね。

その当時は毎日辞めたろと思ってましたけど(笑)

ひとつの時代が終わるのは悲しいけど僕の母校にとってはチャンス!

もうすぐ夏の甲子園は100回大会を迎えるんですね。

100回記念大会は北大阪代表と南大阪代表の2校出場できるんです。(たぶん)

母校、阪南大高もPLも南大阪、
強豪の履正社、大阪桐蔭は北大阪。

PLが出場しないとなると甲子園出場も夢じゃなくなるんですよね!

大阪は学校数が多いし強豪揃い。
あんまりチャンスがないんでそんな時に甲子園に出て古豪復活をしてもらいたいですね!

おっさんは甲子園で応援したい!笑

球児のみなさん頑張ってねー


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。