交通事故での首、腰、その他の痛みの治療で自賠責保険が使えない場合はこんな時です。

こんにちは!
東住吉区桑津のやまぐち接骨院
院長のヤマグチです。

交通事故にあってしまい病院や接骨院(整骨院)で治療する場合自賠責保険というものを使用するんですね。

でも、なんでもかんでも自賠責保険を使えるわけではないんです。

使えない場合のことを書いてみました。

自分が完全に悪い時(過失100%)の時は自賠責保険が使えません。

こんな事故の時には自賠責保険は使えないことになってるんです。

・あなたの車両が赤信号無視した事による事故
・あなたの車両がセンターラインを越えた事による事故
・あなたの車両が止まっている車に追突した事故

要はあなたの過失が100%(加害者)となった時は使えません。

相手方が自賠責保険未加入の場合

自賠責保険は強制保険と言ってバイク、車に乗る方は絶対入らないといけません。

たまになんですが、未加入の場合があったり保険の期限が切れてたり…というのを聞くことがあります。本来なら車に乗ることすらナンセンスなんですけどそんな時に事故をしてしまったら大変なことになりますよね。
僕が言うことじゃないですけど自賠責保険は必ず入りましょう。

もしも自分が事故にあった場合、相手方が自賠責保険未加入だったらもちろん自賠責保険は適応されません。

単独の物損事故(自損事故)

例えば、電柱にぶつかってケガをした場合なんかがそうですね。

僕の知り合いでガードレールにぶつけた人がいましたがもちろん自賠責保険の対象外ですので自腹でガードレールの修理代金を支払っていましたよ。

損害賠償の金額がめちゃくちゃ高額で支払えないっていう事例も結構あるみたい。

居眠り運転やわき見運転は気をつけましょうね。

当て逃げ、ひき逃げされてしまった時

ひき逃げされてしまい相手方がわからない場合は自賠責保険が適応されません。

相手の所在がはっきりしないと請求できないんですね。

ひき逃げの際には国が設けている政府保証事業制度を使います。(国土交通省のHPに飛びます)

自分が入ってる自動車保険の内容によっては保証されることもあるんですけどここでは割愛しますね。

交通事故専門士とか厚生労働省認可の交通事故認定〇〇とかはない

交通事故での保険は結構ややこしいんですよ。

でも僕たち医療従事者は知っていないと患者さんに迷惑をかけたり自分が犯罪に巻き込まれたりすることだってあるんです。

そうならないためにも先日、交通事故の勉強会に行ってきました。

実は、交通事故はお任せくださいって言ってるとこに限ってあまり事故の保険のことを知らないことが多い。

白状するとそれは以前の僕のことでした。笑

たまに厚生労働省認可の交通事故専門治療院とかって書いてあるの町で見かけませんか?

交通事故の場合、管轄は国土交通省なんですよね。

厚生労働省は関係ないんです。

本当僕も勉強するまで知らないことがいっぱいあって恥ずかしくなりました。
ですが、その恥ずかしい経験があったからこそしっかり勉強しようと思ったんですね!

交通事故に対する施術だけじゃなく、保険のことも知っていないと患者さんを不安にさせます。知らないとホントに怖い。

交通事故の時の治療院(整骨院)は慎重に選んでくださいね。


The following two tabs change content below.
山口 貴史
昭和59年11月5日大阪市平野区出身 柔道整復師 大阪市東住吉区桑津にあるやまぐち接骨院代表 完全予約制であなたとしっかり向き合って施術することをモットーにしてます。元保育士でベビーマッサージ講師の受付スタッフがいるので産後骨盤矯正もお子様連れでOK。 元高校球児の院長が子どもからまでの姿勢改善とスポーツ選手(野球)のケア、ケガ予防、パフォーマンス向上のカラダ作りに力を入れています。